読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくらく新聞@ブンタウ

ベトナムのんびりローカルリゾート・ブンタウからベトナムと日本の諸々のことを書いています。 

ベトナムのちょー(犬)の飼い方

ベトナム語で犬は chó といいます。

 

ベトナムでは犬が本当に多くそこかしこで見かけます。

 

最近近所にやってきたこの子犬は本当にやんちゃで可愛いです。

 

 

f:id:jmato911:20150318191346j:plain

f:id:jmato911:20150318191356j:plain

でも実はちょっと臆病なんです

f:id:jmato911:20150318191521j:plain

ニワトリにちょっかい出しておいて

 

f:id:jmato911:20150318191445j:plain

追い返されて

f:id:jmato911:20150318191459j:plain

逃げる。

 

ベトナムでは犬はこのように放し飼いのことが多いです。危ないと思いますか?でも実は、放し飼いでもそんなに怖くないんですよ。犬の方が(見知らぬ)人間にたいして怯えていることが多いんです。かえって(犬好きの)私が近づけないくらい。それは人間からの扱いが雑なためですが。ベトナム人は犬がそそうをすると気軽に蹴りいれますからね。(もちろん大切に大切にしている人たちもいます。)犬は完全に人間の下。日本みたいに甘やかした結果つけあがって人間と距離感を間違えてしまっている犬はいません。

また、たまに鎖につながれた犬もいるのですが、彼らはその場から逃れることができないことから物事に対して怯えやすくなり、すぐに吼えたり、歯を剥き出しにしたりと凶暴がちになってしまっています。凶暴さを押さえ込むための行為がかえって凶暴さを引き出してしまっているというのは犬の飼い方に限った話じゃないよなーと思ったり。

 

 f:id:jmato911:20150318191330j:plain

 

うだうだと書きましたが、ワンコのこういう顔の前にはどうでもよくなるんですけどね!やっぱ犬かわいいわ。そして気軽に触れるベトナムの放し飼いの環境に感謝!